中標津町界隈でリフレクソロジーの学校をチェック
中標津町から近い通いやすいリフレクソロジーのスクールをチェック
好きを仕事に!リフレクソロジストになりたい方のためのスクール
中標津町にあるかチェック!

リフレクソロジスト資格・学校

未経験からリフレクソロジーを学びたい
将来的にリフレクソロジーの仕事をしたい方
リフレクソロジストを学べる学校は?

今や空前の健康ブーム、
癒やしや健康に関わる仕事が人気です。

リフレクソロジーは足にある反射区を刺激し健康へ導くもので
イギリスや東洋医学でも盛んに行われています。
自然治癒力を高めるので代替医療として注目を集めています。

人気の「リフレクソロジーを仕事にしたい!」人必見
リフレクソロジーのスクール比較まとめて無料資料請求 リフレクソロジー

リフレクソロジーを学ぶことで活躍の場は広がる

リフレクソロジーを学んだ跡は様々な仕事で活かすことが可能です。
リフレクソロジーを専門で行っているサロンで働くことや
リフレクソロジーで自宅サロンなど開業も夢ではありません。
またリフレクソロジーは看護・介護の現場でも使われており多くの方を癒やす
仕事です。
また介護の仕事のスキルアップとしてリフレクソロジーを学ばれる方もいます。
リフレクソロジーのスクールには就職をバックアップしてくれるところも多数ありますので
そういった点もよく検討してスクールを選ぶと良いでしょう

どこでどうやって学ぶリフレクソロジー?

スクールや通信講座の資料請求を行い比較しましょう
通学なら通いやすいところ通信講座なら値段の安い所などさまざまな比較が可能です。

人気の「リフレクソロジーを仕事にしたい!」人必見
リフレクソロジーのスクール比較まとめて無料資料請求 リフレクソロジー

リフレクソロジースクールの費用

リフレクソロジースクールの費用36000円前後~といったスクールが多いようです。
また最短三ヶ月~といったスクールが多いです。

リフレクソロジー の主な仕事、就職について

リフレクソロジーを学ぶ事で仕事の幅は広がります。
リフレクソロジストを必要としている主な職場としてはエステサロン、マッサージなどのサロン
ホテルのエステ、高齢者の施設、病院、そして独立開業などがあげられます。

最初はエステなどのサロンで腕を磨き最終的に夢の開業を目指される方も多くいらっしゃいます。
また高齢化により福祉の施設でもそういった『癒やし』の需要が増しています。
痛みやむくみの改善にリフレクソロジーは多く利用されており需要も増加の一途を辿っています。
医療、介護、福祉など様々な活躍の場があるといえます。

人気の「リフレクソロジーを仕事にしたい!」人必見
リフレクソロジーのスクール比較まとめて無料資料請求 リフレクソロジー


修学旅行やツアーなどに共に行き、怪我や病気の応急処置、何かあったときのエステの手配をするリフレクソロジーもいます。結婚していて、子供のいる人は土日に休むことができたり、夜勤をしなくてもいい職場を希望しています。エステではないところで働くには、働こうとするところに適した専門の知識を有している認定リフレクソロジーや専門リフレクソロジーの資格を持っていると、雇用される確率があがります。高校進学の際に衛生マッサージ科で勉強を始めると、国家試験の受験資格を得るのが他の方法よりも早いので、最も早くリフレクソロジーとして、働けるようになるでしょう。でも、在学中に進路を変更したくなっても変えることは難しいです。また、受験資格を得るまでには、最低5年でいいのですが、期間が短いので試験勉強や実習が不足して合格が難しいという欠点もあるでしょう。リフレクソロジーの勤務状態は、異業種と比較して特殊な体制であり、勤め先によっても異なってきます。一般に、勤務が2交代、あるいは、3交代のシフト制になっているという勤務先も多いものです。2交代制が3割、3交代制が7割となっていて、3交代制を取り入れている癒やしが多いです。でも、2交代制の方が休みが増えるので、2交代制の方を求めるリフレクソロジーも多いでしょう。リフレクソロジーになるための国家試験は、年に1度催されます。リフレクソロジー不足が深刻になっている日本のためには喜ばしいことに、ここ数年におけるマッサージ師資格の合格率は約90%と非常に高い水準を保っています。リフレクソロジーの資格のための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定のラインを超過できれば合格可能な試験です。リフレになりたい理由は何がきっかけで実際にマッサージ師を目指すことになったのかを入れるとイメージが良くなるでしょう。転職の時の理由は今までに培ったスキルを活かしたいさらに人の役に立つスキルを習得したいなど、いい印象を与えられるものにしましょう。これまでの職場に対するマイナスのことは口にしないことが大切です。


Similar Posts: